X (旧Twitter)でブログの更新をお知らせ( ^∀^) フォローはこちら

【石沼】世界3大希少石!パライバトルマリンについて調べてみた

  • URLをコピーしました!
記事内にプロモーションを含みます

当サイトの記事内では「アフィリエイト広告」などの広告を掲載している場合があります。2023年10月1日から始まる消費者庁「ステマ規制」にあわせ、読者の誤認とならないようにコンテンツ制作を心掛けていますので、ご安心ください。

また、問題のある表現がありましたら、お問い合わせより該当の箇所と併せてご一報頂けますと幸いです。

こんにちは!石沼の民Maikoです!

今回は希少石の定番パライバトルマリンについてご紹介していきます。
パライバトルマリン、宝石ファンなら当たり前に知ってる世界3大希少石ですよね!

この記事では、スター級の宝石であるパライバトルマリンについて、筆者の主観も入れつつ調べてみました。

最近では、宝石ブームも手伝って、テレビなどでも紹介されていますよね!
メディアのサポートもあり、世界一有名なトルマリンなのではないか?と思っています。

世界中の人にパライバトルマリンの魅力が伝わることを願っています!

この記事でわかること

・パライバトルマリンの歴史
・パライバトルマリンの色、産地
・おすすめの購入方法

旅行記事も書いてます!
ぜひ遊びにきてください。

目次

パライバトルマリンの歴史

写真はイメージです

パライバトルマリンは1987年にブラジルのバターリャ鉱山で初めて採掘されました。

デビューから35年弱と宝石市場では比較的新しい石なんですよね。

初めて発見した人物はハイトール・ディマス・バルボサという男性でした。
彼は私財を投げ打って7年もの間鉱山で採掘を行い、
資金が底を尽きる寸前でパライバトルマリンを発見したのです。

諸説ありますがバルボサが発見する前に、すでにパライバトルマリンは発見されていた!
と言う説もあります。

本当はどうなんでしょうね?

何れにしても、彼がいなかったら私たちがパライバトルマリンを知ることもなかった…と思うと、
感謝してもしきれないですよね!

バルボサさん、ありがとうございます!

話は戻りますが、実際に流通が始まったのは発見から2年後。
1989年アメリカのアリゾナ州で毎年開催されているミネラルショー「ツーソン・ショー」でデビューしました。

ツーソン開催期間中、パライバトルマリンはデビューしたての宝石なのにも関わらず1カラット80ドルだったものが、最終的には2,000ドルまで跳ね上がったそうです。単価が会期中に25倍にもなったんですね。

日系のバイヤーが殺到していたそうなので、やはり日本人に好まれる石なんでしょうね。

ちなみに、デビュー当時から現在の価格を比較すると…100倍以上は高騰していると思います。

今後もパライバトルマリンは値上がりしていくと言われています。
あのネオンブルーは一度見たら忘れられない…
本当に綺麗な宝石です。

パライバトルマリンの色

パライバトルマリンの色といえば鮮やかに輝くネオン・ブルーですよね!

他の宝石では見ることのできないエレクトリックなネオン・ブルー
一度見ると目に焼き付いて離れません。

アパタイトにも似た色がありますが色の凝縮度が違うんですよね。

とにかく独特のネオンカラーなんですよ!
これはパライバ好きならわかっていただけると思います。

代表的な色合いはネオン・ブルーですが、他にもネオンの入らないブルーグリーンパステルグリーンなど
これってパライバ?グリーントルマリン?どっち?と思ってしまう色もあるんです。

1番右が非加熱のパライバ 友人ブロガーのikueさんより使用許可をいただいて載せています。

では、パライバトルマリンとブルートルマリン、
同じような色でも何でふたつの宝石の線引きしているのでしょうか?

答えは、マンガンの含有有無で決まります。あの独特の青は、銅やマンガンの色だったんですね!
現在は銅が入っていれば鑑別が取れると聞いていますが、今後変わる可能性もあります。

私は鮮やかなネオン・ブルーが好みなのですが、皆さんはどんなカラーがお好きですか?

自分好みのパライバトルマリンに出会えたら、無理をしてでも買ってしまいそうですよね。

パライバトルマリンの産地

パライバトルマリンはパライバ州で採掘されたことが名前の由来です。

現在、条件を満たせばパライバ州で採掘されずともパライバトルマリンと名乗ることができます。

ですので、産地はブラジル以外にも数カ所あります。

代表的な産地をご紹介します。


①ブラジル パライバ州バターリャ鉱山

私が1番初めに購入したブラジル・バターリャのパライバ 15年以上前は今より安かった!

バターリャと言えば、パライバトルマリンが1番初めに採掘されたオールドマインと呼ばれる有名な産地です。

今は閉山していて、採掘はされていません。

バターリャ産は独特のインクルージョン(内包物)があり、
色やテリが最も良く、ネオン感がはっきりと出ている石が多いのが特徴です。

旧鉱山で火加熱のパライバは【エイトリータ】と呼ばれ、高値で取引されているよ!

②ブラジル リオグランデドノルテ州 キントス鉱山・ムルング鉱山

出典 中央宝石研究所 キントス鉱山
出典 中央宝石研究所 ムルング鉱山

これらの鉱山は、バターリャ程のネオン感は感じることができませんが、
透明度が高く美しく輝く石が多いのが特徴です。

バターリャ鉱山リオグランデドノルテ鉱山パライバトルマリンの一級鉱山と言われています。
それらの鉱山も年々採掘量は減っていることもあり、気に入った石に出会ったら早めにお迎えしたほうがいいかもしれません。


【ブラジル産】天然パライバトルマリン0.153ct <加工承ります>

③アフリカ モザンビークナイジェリア

出典 中央宝石研究所 ナイジェリア産
出典 中央宝石研究所 モザンビーク産

アフリカ産はブラジル産に比べて大きな石が取れます。
しかし、色が薄くネオン感が少ない石が多いです。

パライバの基準である銅の成分が見られる事から「パライバトルマリン」と呼ばれていますが、ブルートルマリンに近い品質の物が多い印象です。

しかし、ごく稀に色が綺麗な石が採れることもありますので、質の良いパライバトルマリンは市場で高額で取引され始めているようです。


パライバトルマリン 0.76ct オーバルシェイプカット ルース モザンビーク産

ブラジル産とアフリカ産のパライバトルマリンの見分け方

パライバトルマリンの産地は銅の検出量を参考に産地を見分けることができます。

パライバトルマリンは銅の成分によってネオンカラーの色の出方が決まるので、それを参考に産地を見分けています。

ブラジルはアフリカの2倍、銅が含有しているね!
数字でも色の違いがわかる!

【ブラジル産】パライバトルマリン

銅の成分1.5%以上

【アフリカ産】パライバトルマリン

銅の成分0.7%以上

銅:マンガン1:2以下だとアフリカ産の可能性が高まるそうです。

パライバトルマリンを入手するには?

パライバトルマリンが欲しい場合、ジュエリーに加工されているものが良いか、ルースで入手したいか、どちらのタイプでお迎えしたいかによって入手ルートが違います。

宝石が好きな方はルースで購入して自分の好きなデザインへ加工する方が多いかと思いますので、今回はルースの購入先おすすめ店舗を載せています。

実際にルースを見て購入

A.鉱物イベントで購入する

おすすめはミネラルマルシェです。

全国各地で開催されていますので、日にちさえ合えば一度にたくさんのお店でルースを見て購入することができます。

2024年 ミネラルマルシェ開催日程

開催日開催地会場名
2024年1月2日~1月8日第22回 長野ミネラルマルシェ
NAGANO
ながの東急百貨店 本館5階催事場
2024年1月12日~1月14日第2回 原宿ミネラルマルシェ
HARAJUKU
WITH HARAJUKUホール
2024年1月19日~1月21日第3回 熊本城ミネラルマルシェ
KUMAMOTOJO
熊本城ホール 展示ホール
2024年2月2日~2月4日第3回 山口ミネラルマルシェ
YAMAGUCHI
大丸下関店
2024年2月16日~2月18日第9回 沖縄ミネラルマルシェ
OKINAWA
沖縄コンベンションセンターA棟
2024年2月23日~2月25日第10回 浅草橋ミネラルマルシェ
ASAKUSABASHI
浅草橋ヒューリックホール
2024年2月23日~2月25日カジュアルジュエリーマルシェin原宿
HARAJUKU
WITH HARAJUKUホール
2024年3月1日~3月3日第4回 姫路ミネラルマルシェ
HIMEJI
姫路市文化コンベンションセンター アクリエひめじ
2024年3月8日~3月10日第8回 横浜ミネラルマルシェ
YOKOHAMA
TKP横浜駅西口 タカシマヤローズホール 
2024年3月22日~3月24日第4回 広島基町ミネラルマルシェ
HIROSHIMA-MOTOMACHI
NTTクレドホール
2024年3月29日~3月31日第12回 さいたまミネラルマルシェ
SAITAMA
さいたまスーパーアリーナ コミニティアリーナ
2024年4月5日~4月7日第7回 岡山ミネラルマルシェ
OKAYAMA
岡山県総合展示場コンベックス岡山
2024年4月19日~4月21日第6回 大阪ミネラルマルシェ
OSAKA
マイドームおおさか
2024年4月26日~4月28日第2回 山形ミネラルマルシェ
YAMAGATA
山形ビッグウイング
2024年5月3日~5月5日第5回 博多ミネラルマルシェ
HAKATA
博多国際展示場
2024年5月10日~5月12日第10回 みちのくミネラルマルシェ
SENDAI
夢メッセみやぎ 本館C展示場
2024年5月17日~5月19日第6回 渋谷ミネラルマルシェ
SHIBUYA
渋谷ヒカリエホール
2024年5月24日~5月26日第4回 名古屋ミネラルマルシェ
NAGOYASAKAE
松坂屋名古屋店 本館7階 大催事場
2024年5月31日~6月2日第3回 長岡ミネラルマルシェ
NAGAOKA
ハイブ長岡 大展示ホール「Arena」
2024年6月7日~6月9日第7回 熊本ミネラルマルシェ
KUMAMOTO
グランメッセ熊本
2024年6月28日~6月30日第4回 高崎ミネラルマルシェ
TAKASAKI
Gメッセ群馬
2024年7月12日~7月14日第3回 武蔵小杉ミネラルマルシェ
MUSASHIKOSUGI
川崎市コンベンションホール
2024年7月19日~7月21日第9回 広島ミネラルマルシェ
HIROSHIMA
広島県立広島産業会館西館
2024年8月2日~8月4日第6回 北九州ミネラルマルシェ
KITAKYUSHU
西日本総合展示場新館A
2024年8月16日~8月18日第3回 みなとみらいミネラルマルシェ
MINATOMIRAI
パシフィコ横浜 展示ホール
2024年8月23日~8月25日第1回 静岡ミネラルマルシェ
SHIZUOKA
松坂屋静岡店
2024年8月30日~9月1日第5回 神戸ミネラルマルシェ
KOBE
神戸サンボーホール 1・2階
2024年9月6日~9月8日第11回 秋葉原ミネラルマルシェ
AKIHABARA
秋葉原UDXビル 2F 「アキバスクエア」
2024年9月13日~9月15日第5回 京都ミネラルマルシェ
KYOTOSHIJYOU
京都産業会館ホール
2024年9月27日~9月29日第1回 松島ミネラルマルシェ
MATSUSHIMA
宮城県 松島離宮
2024年11月1日~11月3日第2回 名古屋栄ミネラルマルシェ 2024
NAGOYA
中日ホール&カンファレンス

2023年 ミネラルマルシェ開催日程

2023年9月22日~9月24日第11回 新潟ミネラルマルシェ
NIIGATA
新潟市産業振興センター 展示ホール
2023年10月6日~10月8日第5回 大阪ミネラルマルシェ
OSAKA
マイドームおおさか
2023年10月13日~10月15日第1回 秋田ミネラルマルシェ
AKITA
秋田ふるさと村 ドーム劇場他
2023年10月20日~10月22日第1回 高知ミネラルマルシェ
KOUCHI
高知大丸 本館5階催会場
2023年10月26日~10月29日ミュンヘンミネラルショー JAPANパビリオン
MUNICH
ドイツ 新ミュンヘン国際見本市会場
2023年10月27日~10月29日第5回 宇都宮ミネラルマルシェ
UTSUNOMIYA
ライトキューブ宇都宮
2023年11月3日~11月5日第3回 名古屋ミネラルマルシェ
NAGOYA
名古屋コンベンションホール
2023年11月10日~11月12日第1回 御徒町ミネラルマルシェ
OKACHIMACHI
おかちまちパンダ広場
2023年11月17日~11月19日第5回 なんばミネラルマルシェ
NANBA
大阪なんばスカイオ コンベンションホール 8F
2023年12月2日~12月3日ミュンヘンショー新着セール/プチマルシェ
MUNICH
WITH HARAJUKUホール
2023年11月29日~12月4日ジュエリーマルシェin金沢
JMKANAZAWA
金沢エムザ
株式会社ミネラルマルシェ公式HPより引用

他にもミネラルショーミネラルフェスタ石ころマーケット石フリマなどのイベントも開催されています。

毎年12月に池袋で開催される東京ミネラルショーは有名なので、聞いたことがあるよ!
という方もいるかもしれません。


パライバトルマリン ルース ネオン強 天然石

実物は見ないでネット購入

A.Instagramやネットショップなどで購入する

・インスタライブで販売しているルースショップ

TOP STONE

毎週水・金曜日にインスタライブを実施しています。

開催時間はストーリーなどで告知されています。

KOSUIアウトレット

毎月5の日は特売ライブ配信をしています。

主に土日にライブを実施しています。インスタのストーリーを要確認!
非常に長時間のライブなので、参加している方は出たり入ったりしている印象です。私が参加した時は、20時スタートで24時過ぎてもやっていたことがありました!すごい!


インスタライブでの販売は商品を動画で見ることができますし、コメントなどで配信者にリクエストすることができるので、画像だけで購入を決めるよりは満足できる石に出会えます。

まとめ

パライバトルマリンについて、少し深掘りしてみましたがいかがでしたでしょうか?

パライバトルマリンの産出国は世界的に見ても少なく、流通量も決して多くはありません。

息を呑むような美しいネオン・ブルーの宝石、これは唯一無二のカラーですよね。

この記事をきっかけに、一人でも多くの方にパライバの魅力が伝われば嬉しいです。

今後もパライバコレクションは増やす予定ですので、新作が入りましたら随時更新かけていこうと思います。

次回の更新を見逃さないように、ブックマークをよろしくお願いします!最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次